seishikaikan-kenkyuhapyoukai.GIF (2623 バイト)

 

 此の宇宙に存在する物全てに、何かの意義たる物が在るので有ろう。其処に何かの秘密が隠されて居る様に思えて仕方が有りません。普段の生活の中で「何故」と言う事が一杯有ります。「1%の科学と99%の非科学」要するに殆どが解明されて居無い訳です。
 しかし、大自然は時空を越えて自然な営みが行われて居り、調和が保たれて居る。しかし、私達人類を中心として、文明の発達と共に1%の科学を追求する余りに、其の代償として大自然の秩序が崩壊して行く様な気がして成りません。
 そして、私達の心も肉体も連れて秩序が崩壊して行く様に思います。宇宙の中に在って本来は私達も部分的な存在では在るが全体的に機能して居なければ成ら無いと思います。
 夢を見て、其れを達成したいと思います。然し、夢が適うのには努力が必要です。みんなで研究して行きたいと思います。
 私達「聖士會館」は食生活を通じて、様々な角度から宇宙の秩序に対して研究をして居ます。聖士會館研究発表会を通じて、健康な暮らし、平和な心休まる生活を求める皆様に御参考に成ればと思います。

 【主な内容】
 年2回開催(4月、10月)。
 食養指導の先生、聖士會館会員等による講義及び研究発表
 神霊学研究会、身体研究会、ビームライト協会、空手道の技術研究発表。

 【目的】
 技術研究と其の成果の発表。

第61回聖士會館研究発表会は2,018年4月1日(日)です。

 

 第38回聖士會館研究発表会記録
 第37回聖士會館研究発表会記録
 第36回聖士會館研究発表会記録
 第35回聖士會館研究発表会記録
 第34回聖士會館研究発表会記録
 第33回聖士會館研究発表会記録
 第32回聖士會館研究発表会記録
 第31回聖士會館研究発表会記録
 第30回聖士會館研究発表会記録
 第29回聖士會館研究発表会記録
 第28回聖士會館研究発表会記録
 第27回聖士會館研究発表会記録
 第26回聖士會館研究発表会記録

wpe1.jpg (831 バイト)