神霊学研究会

 

 肉体を持つ限り、始めが有れば必ず終わりは訪れる。しかし、肉体は消滅しても、魂は永遠の世界(霊界)へと旅立つ。
 現世に生きる人達は、一般的に目に見えるものが総てだと思い、視界が狭く成りがちです。しかし、大自然・大宇宙に溶け込む様な想いの中で、心の 扉を大きく開けば、もっともっと広大な世界、神秘な世界が見えて来る。
 霊界は想念界で有ると言われます。霊界入り後、自らの想念に因って集落を移動して行く。欲の塊、嫉妬、恨み、憎しみの想念を持つ人は、低級霊世界へ。 霊格が向上し、愛と慈悲に満ち溢れた想念を持つ人は、高級神霊世界へ。
 霊界が主、現界が従で有るならば、現界に居る間に如何にして霊格の向上を図り、魂を神に近付けるか・・・・・・。魂の崩壊は、即ち心の歪み。やがて肉体の歪み(病気)へと繋がって行く。
 聖士會館 神霊学研究会を通じて、聖天仁祖加本尊大神を媒体とし、最高位の神霊から霊流を引く。感動や感謝の想いを大切にし、「光・音楽・馨」に因って、霊格の向上を図ると共に、自由な心と生活の中で大霊界・大宇宙の真意を学びたい。
 輝きの光を目指し、病気の無い健康で平和な生活を営んで行きたいと思います。

 
肉体は大宇宙と調和し一体と成り、魂は最高位の神霊を追い求めて

 


[ホーム]

この Web サイトに関する質問やコメントについては、 まで電子メールをお送りください。
Copyright © 1999
聖士會館 瓦町支部
最終更新日: 2010年 01月 10日 日曜日